BeagleGraph | 地球儀展開図作成ソフト - NASA衛星写真を使った地球儀の作り方
日本語 /  ENGLISH
トップ 舟型多円錐図法変換アプリへ 地球儀の作り方 お問い合わせフォーム

パッキング問題に対しての独自アルゴリズムを開発しました。ゆうパックへの箱詰め診断のソフトを無料公開しておりますので、ご興味ある方はご覧下さい。

準備

準備するものは以下になります。
  • ピンポン玉(直径4cm)
  • ラベルシール(プリンタ兼用・ホワイト)
  • ハサミまたはカッター
  • ペン
  • パソコン
  • プリンター

作り方

(1) 舟型多円錐図法変換アプリ において、球体の直径を4cmに設定して舟型多円錐図法の地図をPDF形式でパソコンにダウンロードします。

(2) ラベルシールをプリンターにセットして、ダウンロードした地図を印刷します。(印刷設定する際、自動拡大・縮小されないよう注意してください。)

(3) 印刷した地図の赤道の長さが約12.5(4×3.14)センチメートルであることを確認します。(12.5センチでなかった場合は、印刷紙に自動拡大・縮小されている場合があります。)

(4) 印刷した地図を4分の1ずつハサミで切り離していきます。シールを剥がさない状態で、切り離した地図をピンボールに重ねてみます。北極点・南極点・赤道の位置を確認したら、ペンで印をつけておきます。

(5) シールをすべて分割するようハサミで切り取ります。

(6) (4)でつけた印を目安として、丁寧にシールを伸ばしながら、ピンポン玉に貼り付けていきます。(シワになりやすいので滑らかに貼るように注意してください。)

(7) 完成です。

©2017  Beagle Science Corp.